右手のゴルフが生まれたキッカケはセベ・バレステロス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

片山晃

皆さん、ゴルフを始めた時ゴルフは左手が大事といわれませんでしたか?
左手をしっかりグリップして左手で打ちなさい。と言われましたか?
それを頑なに守って貴方は、ゴルフが上達しましたか?
ドライバーが、凄く飛んでいますか?

実は、私も皆さん同様に、最初は左手主体でゴルフをしていました。
アマチュアでハンディー2までなりました。

そして、レッスンプロの資格を取得する時の教本も左手主体でした。
しかし、レッスンを教本通りにレッスンしてもお客様の上達が遅く私自身も、自分のレッスンスキルにも疑問を持っていました。

スポンサードリンク






セベ・バレステロスがきっかけ

セベバレステロス

左手から右手に移行した決定打は、私が某ゴルフメーカーでクラブフィッティングの仕事をしている時です。1時間で使用中のクラブより良い結果の出るクラブを選ばなければなりません。

お客様は、色々な方が来られます。
中には全くクラブを持ったことのない初心者も来られます。

そんなお客様にも1時間で合うクラブを選ばなければなりません。
そんな時に、左手主体でスイングを教えても1時間では、まともにボールに当てることも出来ません。

そこで右手でスイングをして貰うと簡単にボールを飛ばすことが出来ます。
そこから本格的に右手主体のスイングを自分で研究して行きました。

ゴルフメーカー勤務している時に、セベ バレステロスを間近で見る機会がありました。

朝の練習から実際のラウンドまで一日中側で見ました。
朝の練習ではウォーキングアップの最後は、クラブを右手だけ持っての素振りです。

クラブを変える度に右手での素振りを必ずします。

それは、パッティンググリーンに行ってからも同じです。
パッティングでも右手だけで素振りをした後に実際にボールを打つのも右手だけでした。

コースに出てもショットの待ち時間も右手だけの素振りを何度も繰り返していました。
ここで、私は確信を持って右手主体のスイングをレッスンして行こうかな思いました。

スポンサードリンク




右手のゴルフは腰痛にならないスイング

腰痛

実は、右手主体のスイングは腰痛になり難いスイングなんです。

私のレッスンを長く受けている方で腰痛の方はいません。
腰痛があってゴルフを止めようと思って方でも、右手のスイングに直すと不思議と腰痛にならなくなります。

でも、不思議でもなんでもなく左手主体のスイングは腰をフォロースルーで煽る様に使います。

腰をあおるスイング

これが、腰痛の原因です。

右手主体のスイングならフォロースルーでも、腰は煽る様に使わず平行に回すだけです。
これなら腰だけでなく身体に負担のかからないスイングになります。

まとめ

色々な事情から、昔からの定説の様に言われていた左手主体のスイングから真逆の右手主体のスイングに移行していく中、クラブやボールが急激に変わって行きました。

それが、右手主体のスイングになお一層の追風になりました。
今にして思えば、セベがしきりに右手で素振りをしていたのもチタンヘッドのドライバーにツーピースボールを使う為のニュースイングを覚える為の素振りだったのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)